アスリートホームの設楽です!
昔からお付き合いをさせていた大家様(82歳)が高齢で施設にはいることになりました。
女性で独身でお子様もいなく、自宅は空き家になり、アパート、貸家は入居中の方もおられ賃貸の家賃管理から対応まで
今まで大家様お一人でされてきました。親族の弟様から相談されて、今後どうしたらいいのか分からないということでした。
しかも土地の名義の一部が大正時代の祖父のままで、相続登記をおこなっていいないことが分かりました。
弟様はできたら相続はしたくなく放棄を行ないということでしたが、一部祖父の名義の部分の相続登記を行なわないと放棄はできないので相続人を全て知らべなくてはならないことになりました。
提携している司法書士をご紹介し、相続人を知れべて頂いたところ、今までお会いしたことのない方も含め10人の相続人がいることが判明し、お一人お一人にお手紙をお送りし、判子など頂く作業などかなりの作業と時間がかかりました。
相続人お一人でも判子を頂くことができなければ相続登記はできず、また別な段階、長期的に時間もかかりるので全員の方からスムーズに判子を頂けるのか不安な部分はありましたが、ご相談から半年後に全ての方から頂くことができ無事に相続登記を行なうことができました。
やはり、今増え続けている空き家などは相続絡みで手を付けられない問題が多いと思います。
そのまま相続登記を行なわないで空き家を放置しているのであれば何らかの解決が必要になります。
弊社は空き家管理以外にも相続でお困りの方や空き家をどうしたらいいのか分からない方などでお困りであれば是非一度ご相談ください。
お悩みを解決致します。
s-202.jpg
空き家管理舎 宮城(株式会社アスリートホーム  宮城県内の空き家管理・空き家売却・遺品整理ならお任せ下さい!!

Twitter|アスリートホーム

投稿者プロフィール

株式会社アスリートホーム
株式会社アスリートホーム
宮城県内・仙台市・多賀城市・塩釜市・七ヶ浜・利府町を中心に何もご使用になられていない空き家・空き地をお手頃価格500円から様々な管理メニューで当社スタッフが丁寧・親切・笑顔をモットーに管理させて頂きます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA