今晩は( ̄^ ̄)ゞ
空き家管理舎宮城の設楽です!
空き家のお持ちの所有者の方!知ってましたか?
「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」という特例を!
空き家の売買を活発にして、空き家を減らしていく目的で定められた、「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」です。平成28年税制改正大綱に含まれました。 ヾ(o´∀`o)ノ
一定の条件を満たした空き家の売却に対し、3,000万円の特別控除を行うというものです。 (・Д・)ノ
国交省ホームページ
※注意!!平成28年4月1日から、平成31年12月31日のあいだの売却が対象です。(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)
期間が決められているのでこのチャンスはもったいないです!
特例を受けるための「一定の条件」とは? ( ̄^ ̄)ゞ
1、相続開始まで自宅で、相続により空き家になった。
2、昭和56年5月31日以前に建築されている。
3、マンションなど、区分所有建物ではない
4、相続から3年を経過する日の属する12月31日までの相続であること
5、売却額が1億円を超えないこと
6、相続から空き家以外になっていないこと(使用履歴がないこと)
7、役所から要件を満たす証明書類を入手し、確定申告書に添付して申告すること。
8、建物を解体するか、新耐震基準を満たすように改修して売却

細かい条件がありますが、簡単にいえば、相続した旧耐震基準の家屋を、耐震改修して売却するか、解体し更地にして売却する場合に、現行の譲渡所得の3,000万円の特別控除の特例が適用されるというものです。 ヾ(・∀・)ノ

現行の譲渡所得の3,000万円の特別控除は、自ら住んでいて住民票などがちゃんと登録してあるお住まいなど、売却した場合に適用されますが、今回は相続などで自らお住まい住所が登録になっていない場合でも対象になります!
以上の条件を「すべて満たす」必要があります。控除額3,000万円はとても高額のため、まずは様々な条件と「空き家の相続」に限
定した適用となるようです。 (○・_ゝ・○)ノ
何も手をつけていない不動産の活用によっては利益を生み出す可能性があります。(=゚ω゚)ノ
また空き家管理舎宮城では空き家のご売却にも力を入れています。
空き家管理舎 宮城  宮城県内の空き家管理・空き家売却・遺品整理ならお任せ下さい!!

Twitter|アスリートホーム

投稿者プロフィール

株式会社アスリートホーム
株式会社アスリートホーム
宮城県内・仙台市・多賀城市・塩釜市・七ヶ浜・利府町を中心に何もご使用になられていない空き家・空き地をお手頃価格500円から様々な管理メニューで当社スタッフが丁寧・親切・笑顔をモットーに管理させて頂きます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA